ホーム > 開発者情報 > 通信仕様 > ユーザログインインタフェースの取得
通信仕様
3. ユーザログインインタフェースの取得
ユグドアスカイゲートツールバーなどでユーザがログインを行う場合、まずインタフェースを特定のアドレスへユグドアスカイゲートサーバにアクセスし、XML形式で取得します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<Interface>
    <Version>1.0</Version>
    <Server>http://www.yskygate.com/en/login/</Server>
    <Service key="sgu" />
    <IID key="ysls">x0iD9rqchDBm8gTW39Zg7qFqGBXx93GLBa3aiTV1hQCg0y6YAa7QHZU5hDFR2THF</IID>
    <ID key="cuXFp7QY" />
    <Password key="PbXRVDC9" challenge="KT32S9JhByEbKKYR9XHmLgkbmFmJDkPy" />
    <Query>
        <Record key="a">300</Record>
        <Record key="b">hello</Record>
    </Query>
</Interface>
Server - 認証先のアドレス

認証処理ができるサイトへのURLです。


Service : key - 認証後のジャンプ先URLの格納リクエスト名

ステップ2の①で作成したメタタグのURLを格納するリクエスト名です。Serverにこの内容を追加して送信します。


IID : key - インタフェースIDの格納先リクエスト名

一時的に割り当てられるインタフェースを識別するキー値を格納するリクエスト名です。


IID - インタフェースID

一時的に割り当てられるインタフェースを識別するキー値です。


ID : key - ログインIDの格納先リクエスト名

ユーザが入力したログインIDの格納先リクエスト名です。


Password : key - パスワードの格納先リクエスト名

ユーザが入力したパスワード(レスポンス)の格納先リクエスト名です。


Password : challenge - チャレンジデータ

チャレンジアンドレスポンス認証のためのチャレンジデータです。

なお、レスポンスは以下の手順で作成します。
1. ユーザによって入力されたパスワードからsha1のハッシュを作成。
2. そのハッシュの最後にこのチャレンジデータを追加。
3. 2から再度sha1のハッシュを作成し、これをレスポンスデータとしています。


Query - その他の追加データ

その他ユグドアスカイゲートサーバが追加したい情報があれば、ここにレコードが追加されます。無い場合はこのエレメントは存在しません。


Query - Record : key - その他の追加データの格納先リクエスト名

追加データの格納先リクエスト名


Query - Record - その他の追加データ

追加データの値
1 2 3 4 5 6 7